• レディースファッション、CD・DVD、旅行、アウトドア、スポーツ用品、ダイエット、スキンケア・コスメの他 日用品雑貨、家電、食品、子供用品などの、今売れているトレンド、人気商品、ランキング商品をご紹介しています。

臨床栄養 微量元素とMgの最新知見を臨床に活かす!-機能・代謝・疾患との関連 2022年8月号 141巻2号[雑誌]

発売日/出版年度:2022年08月02日
臨床栄養 微量元素とMgの最新知見を臨床に活かす!-機能・代謝・疾患との関連 2022年8月号 141巻2号[雑誌]
 
価格:1,870円(税込)
≪本誌の特長≫
◆基礎から最先端まで、幅広い情報満載の臨床栄養総合誌!
◆生活習慣病への対策やNSTなどのチーム医療が重視され、栄養管理を担う管理栄養士・栄養士への期待はますます高まるなか、すぐに臨床で活用できる最新の知識をはじめ、日常業務のスキルアップのための情報や施設のルポルタージュ、新たな診療ガイドラインなど、医学・医療界の動向を含めた情報を広く紹介しています。

≪特集テーマの紹介≫
●地球にはおよそ100種類の元素が存在しており、生体の維持・活動に不可欠なものは必須元素と呼ばれています。
●必須微量元素の生体中の存在量ベスト3は、鉄、亜鉛、銅で、たとえば亜鉛は酵素の成分やタンパク質の合成、味覚、インスリンの生成や機能、免疫能の賦活や生殖機能そのものに重要な役割を果たし、その欠乏により味覚障害などの異常や疾病の進展に関与しており、亜鉛を補充することで病態が改善することも知られています。
●一方で、過剰投与や摂取による弊害も存在し、亜鉛製剤の持続的な大量投与は、銅の低下を励起し、褥瘡など皮膚疾患の悪化や、顆粒球の減少など免疫能の低下を励起する。鉄も過剰摂取をすれば、組織の酸化ストレスを介した発がんや組織障害の進展が報告されています。
●本特集では、「微量元素とMgの最新知見を臨床に活かす!-機能・代謝・疾患との関連」と題して、微量元素とマグネシウムについて、エキスパートの執筆陣が最新知見を紹介。微量元素の欠乏や過剰が生体においてさまざまな疾患に関連し、多様な病態の背景にあることを理解できるよう詳しく解説しています。

【目次】
鉄の最新知見ー鉄ホメオスタシス異常と神経疾患
亜鉛の最新知見ー亜鉛トランスポーターの生理機能:個体恒常性の維持と亜鉛シグナル
銅の最新知見ー生体内銅代謝と銅代謝異常症
セレンの最新知見ーセレンの代謝機構を中心に
マグネシウムの最新知見ーマグネシウム代謝と臨床的意義
サルコペニアと微量元素
小児の栄養管理と微量元素
微量元素の毒性・中毒

●巻頭カラー  管理栄養士の未来を彩る! 「食&色」コーディネート
 第4回 季節や行事と食文化からみる色彩

●スポット
 高齢者におけるスキンフレイル
 障害者病棟における栄養サポートチームの有用性

●ORIGAMI ART-食に活かすおりがみ/食の教養
 パイナップル

●活動レポート 栄養ケア・ステーション
 認定栄養ケア・ステーション 鈴鹿

●ぷろらぼ 研究室で学んでみませんか
 栄養学の基礎研究と実践現場をつなぐ「実践栄養学」の発展のために/同志社女子大学大学院 生活科学研究科 食物栄養科学専攻 実践栄養学研究室

●こんだてじまん
 じまんの一品料理 落花生の煮物/医療法人愛生館 小林記念病院

●宮島流! 病棟栄養士のためのケースカンファレンス活用術
 CASE8 経腸栄養(逆流)

●ビタミン栄養学UPDATE-新たな臨床的意義の確立に向けて
 8.葉酸をめぐる話題

●Medical Nutritionist養成講座
 経腸栄養投与経路の管理(2)-器具などの名称を統一する必要があります

●『日本食品標準成分表』の活用でもっと深まる 食品と調理のキソ知識
 第40回 魚介類7

●日本栄養士会医療職域
 2022年度国際会議・イベント等のご案内

自治体病院
 プラダーウィリー症候群外来(PW外来)の取り組み

精神科病院
 第24回・第25回日本病態栄養学会年次学術集会報告

厚生労働省・消費者庁
 「第11回健康寿命をのばそう!アワード(母子保健分野)」募集開始について・他

●おしらせ
 女子栄養大学香友会主催 令和4年度 第2回専門家講座・他

楽天ウェブサービスセンター

テキストリンクまたは画像をクリックして価格、詳細、購入方法をご確認くださいませ。販売中の商品を御紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・ポイント倍数の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA