• ファッション、雑誌、本、CD・DVD、コスメなどの、人気、ランキング商品をご紹介しています。

特別付録 沖 昌之 ニャレンダー NyAERA (ニャエラ) 2023 [雑誌]朝日新聞出版ニャエラ

【楽天ブックスならいつでも送料無料】
NyAERA (ニャエラ) 2023 [雑誌]
価格:1,100円(税込)
朝日新聞出版ニャエラ 発売日:2023年02月14日 雑誌 総合誌 その他
■表紙 岩合光昭さん撮影
■特別付録 沖 昌之 ニャレンダー
■現代のニャン像 新井素子さん執筆
■神山智洋さん(ジャニーズWEST)と愛猫 4P
■ヒロシさん
発売日/出版年度:2023年01月19日
Wedge(ウェッジ) 2023年 2月号 [雑誌]
 
価格:550円(税込)
■【特集】日本社会にあえて問う 「とんがってる」って悪いこと?
日本流でイノベーションを創出しよう

イノベーション─。全36頁に及ぶ2022年の「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)」の本文中で、22回も用いられたのがこの言葉だ。
「新しくする」という意味のラテン語「innovare」が語源であり、提唱者である経済学者のヨーゼフ・シュンペーターが「馬車を何台つないでも汽車にはならない」という名言を残したことからも、新しいものを生み出すことや、既存のものをより良いものにすることだといえる。
「革新」や「新機軸」と訳されるイノベーションを創出するには、前例踏襲や固定観念に捉われない姿勢が重要だ。時には慣例からの逸脱や成功確率が低いことに挑戦する勇気も必要だろう。
 平等主義や横並び意識の強い日本社会ではしばしば、そんな人材を“尖った人”と表現する。この言葉には、均一的で協調性がある人材を礼賛すると同時に、それに当てはまらない人材を揶揄する響きが感じられるが、果たしてそうなのか。
“尖る”という表現を、「得意」分野を持つことと、「特異」な発想ができることという“トクイ”に換言すれば、そうした人材を適材適所に配置し、トクイを生かすことこそが、イノベーションを生む原動力であり、今の日本に求められていることではないか。
 編集部は今回、得意なことや特異、あるいはユニークな発想を突き詰め努力を重ねた人たちを取材した。また、イノベーションの創出に向けて新たな挑戦を始めた「企業」の取り組みや技術を熟知する「経営者」の立場から見た日本企業と人材育成の課題、打開策にも焦点を当てた。さらに、歴史から日本企業が学ぶべきことや組織の中からいかにして活躍できる人材を発掘するか、日本の教育や産官学連携に必要なことなどについて、揺るぎない信念を持つ「研究者」たちに大いに語ってもらった。
 多くの日本人や日本企業が望む「安定」と「成功」。だが、これらは挑戦し、「不安定」や「失敗」を繰り返すからこそ得られる果実である。次頁から“日本流”でイノベーションを生み出すためのヒントを提示していきたい。

文/話し手・北野宏明、深堀 昂、小津野 将、藤田浩之、先崎彰容、服部泰宏、宮部義幸、森本典繁、加藤真平、新藏礼子、瀧口友里奈、合田圭介、江崎 浩、編集部

PART 1 “突き抜けた“人たち
・やりたいことを信じて続ける 個の突破力を生かそう
北野宏明 ソニーグループ 執行役専務兼CTO
・本業でピカイチを目指せ 大企業で新規事業を生む要諦
深堀 昂 avatarin 代表取締役CEO
・何かに没頭し、自由に挑戦する それが私の原点
小津野 将 オムロンサイニックエックス シニアリサーチャー
・日本を“黒船”で変える! 固定観念を打ち破る突破口
藤田浩之 米クオリティー・エレクトロダイナミクス(QED) 創業者兼CEO
PART 2 第二の創業時代へ
幕末混乱期と近似する現代 歴史から企業が学ぶべきこと
先崎彰容 日本大学危機管理学部 教授
PART 3 発掘のすゝめ
研究成果に世界が注目 スター社員を生み出す鍵
服部泰宏 神戸大学大学院経営学研究科 准教授
PART 4 経営層が持つべき視点
・過去の成功体験は通用しない 挑戦する人材に積極支援を
宮部義幸 パナソニックホールディングス 取締役・副社長執行役員
・「真の多様性」を定義し「意識的に」受け入れよう
森本典繁 日本アイ・ビー・エム 常務執行役員・CTO兼研究開発担当
PART 5 変革に挑む企業
・Sansan 名刺交換で終わらせない 出会いが導く新たな未来
編集部
・大阪大学フォーサイト ビジネス界と学術界の通訳で新価値の創造を促す!
編集部
PART 6 日本社会を変える
天才たちの雑談 アンコール
さらば昭和モデル 博士人材が活躍できる日本へ
加藤真平×新藏礼子×瀧口友里奈×合田圭介×江崎 浩

■WEDGE_OPINION1
・デジタル=エコの虚構 エネルギーの大量消費を見直せ
ギヨーム・ピトロン ジャーナリスト

■WEDGE_OPINION2
・「核の忘却」の時代は終わった 日米で核抑止の本格議論を
高橋杉雄 防衛省防衛研究所 防衛政策研究室長

■WEDGE_REPORT 1
・移動を促し、体験も豊かに 進化するバーチャル技術
多賀一晃 生活家電.COM 主宰

■WEDGE_REPORT 2
・黎明期にあるスマート農業 “実装の壁”を乗り越えるには
編集部

■WEDGE_REPORT 3
INTERVIEW
・スマート農業で「ゲームチェンジ」を起こす
野口 伸 北海道大学大学院農学研究院 副研究院長・教授

■連載
・新しい原点回帰:革新を続け、ニッチで生きる 糊の「ヤマト」の事業精神(磯山友幸)
・社会の「困った」に寄り添う行動経済学〈実践編〉:高校生が身近な課題を解決するには? (佐々木周作)
・インテリジェンス・マインド:ナポレオンの命運を左右した「情報」とは(小谷 賢)
・近現代史ブックレビュー:『板垣退助 自由民権指導者の実像』 中元崇智(筒井清忠)
・1918⇔20XX 歴史は繰り返す:日本を惹きつけるサハリンの資源 「政経分離」は可能なのか(麻田雅文)
・MANGAの道は世界に通ず:サッカー『ブルーロック』に見る シンデレラストーリー(保手濱彰人)
・さらばリーマン:アプリ製作から基礎工事まで 時流を読む叩き上げ職人
 込宮英紀さん(ブレイブ代表取締役)(溝口 敦)
・時代をひらく新刊ガイド:『尚、赫々たれ 立花宗茂残照』 羽鳥好之(稲泉 連)
・Letter 未来の日本へ:仏教の基本 心と体が「今ここにいること」の意味
 橋村公英 東大寺 別当・華厳宗 管長(河合香織)

●各駅短歌 (穂村 弘)
●拝啓オヤジ (相米周二)
●一冊一会
●読者から/ウェッジから

発売日/出版年度:2023年01月19日
週刊文春 2023年 1/26号 [雑誌]
 
価格:459円(税込)
 
発売日/出版年度:2023年01月17日
Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2023年 1/24号 [雑誌]
 
価格:479円(税込)
 
発売日/出版年度:2023年01月17日
週刊朝日 2023年 1/27号 [雑誌]
 
価格:440円(税込)
松任谷由実が22年ぶりに林真理子対談に登場!
「東京のど真ん中生まれじゃないことが自分の音楽を形成している」

デビュー50周年を迎えて松任谷由実さんが、実に22年ぶりに林真理子さんの対談連載に登場。二人は長年の友人同士。愛しの人を前にマリコさんの気持ちも弾みます。大学業務で多忙をきわめるマリコ理事長に向け、クリエーター・ユーミンから鋭い質問が──。

「マリコのゲストコレクション」に松任谷由美さんが登場! 「東京ど真ん中生まれじゃないことが、自分の音楽を形成していると思ってる」「曲も『作曲というより発明に近い』と言ってる」「私に嫉妬したら疲れるよ。ボールを壁打ちしてるようなもんで」など、数々の名言が飛び出しました。長年の友人で愛しのユーミンを前に、マリコさんの気持ちも弾みます。日本大学の理事長として多忙を極めるマリコさんに向け、ユーミンから鋭い質問が……。22年ぶりの対談は必読です。

その他の注目コンテンツは

●表紙に登場の早乙女太一さんインタビュー
黒澤明監督の傑作映画を舞台化した「蜘蛛巣城」。早乙女太一さんは、映画で三船敏郎さんが演じた武将役を務めます。「天使と悪魔が同居する人間」を演じるという早乙女さんは、シェークスピア四大悲劇の一つ「マクベス」を土台にしたこの作品で、人間の美しさと愚かさの両方を極めてゆきます。最近はテレビドラマでの活躍が目立ちますが、それも「自分に興味を持ってくださった方に劇場まで足を運んでもらいたい」からだとか。そんな早乙女さんの素顔に迫るインタビューと、色気のにじむグラビアもお楽しみに。

●花の70代を支える年金繰り下げ
年金を増やす貴重な手段である「繰り下げ受給」。豊かな老後を送ろうと実行する人が増えていますが、その分、受給総額減や税金や社会保険料の増額を気にして二の足を踏む例が多いそうです。金勘定に「損得論」は避けて通れませんが、総額に惑わされることなく、老年期の盛りの70歳代をプチ贅沢に暮らすために年金繰り下げはとても魅力的な制度。年金から税金や社会保険料を差し引いた「手取り」で考えれば、実際に使える額がよく分かります。10年間で900万円増とのシミュレーションも。目から鱗の年金繰り下げについて徹底解説します。

●ここまで来た!ニッポンの新技術
昆虫食もついにここまできました。なんと「ハエの幼虫(ウジ虫)」が世界のたんぱく質危機を救うというのです。おからを食べさせて育てたウジ虫が私たちの栄養源になるかも。災害救助に活躍する“タケコプター”や匂いをデータベース化して病気を発見する技術など、話題のテクノロジーを一挙公開。やっぱり日本の技術はすごかった!

●岸田政権「原発大回帰」のデタラメ
東日本大震災から10年余り。原発事故を忘れたかのように、岸田政権は原発の新増設容認・運転期間延長に突き進んでいます。その裏側を探ると、経済産業省の支配が“復活”して「骨抜き」にされた原子力規制委員会、規制側と推進側のズブズブの関係などが浮かび上がりました。国民に説明しないまま「原発回帰」へと動く政権の内実を取材しました。

発売日/出版年度:2023年01月13日
週刊 金曜日 2023年 1/13号 [雑誌]
 
価格:599円(税込)
 
発売日/出版年度:2023年01月11日
Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2023年 1/17号 [雑誌]
 
価格:479円(税込)
 
発売日/出版年度:2023年01月10日
週刊朝日 2023年 1/20号 [雑誌]
 
価格:440円(税込)
ジャニーズWESTの小瀧望が週刊朝日の表紙とグラビアに登場!
「後悔ないように生きてきたから、昔の自分に言いたいことはない」

新年最初の表紙を飾るのは、確かな演技力で見る人をうならせるジャニーズWESTの小瀧望さん。スペシャルインタビューでは、ミュージカル初出演となる「ザ・ビューティフル・ゲーム」への意気込みや役者として目指すことなどを語ってくれました。

舞台「エレファント・マン」で、見せ物小屋からやってきた異形の青年役で確かな演技力を見せつけた小瀧望さん。次に挑むのはミュージカルの「ザ・ビューティフル・ゲーム」。宗教対立が巻き起こる北アイルランドで、運命に翻弄されながらも仲間や恋人を守ろうとするサッカー選手を演じます。スペシャルインタビューでは作品への意気込みを語ってくれました。そんな小瀧さんが「あまりにも素敵で、『好きです』って伝えた」という憧れの役者とは? 魅力があふれるカラーグラビアもお楽しみに。

その他の注目コンテンツは
●今年“跳ねる”100人の主役
うさぎ年は「飛躍の年」。そんな2023年に大活躍しそうな人物を大特集! 河野太郎、中曽宏、前澤友作、村上宗隆、本田圭佑、神木隆之介、王林、宮崎駿……。もちろん有名どころだけではありません。NHK夜ドラ「あなブツ」で大注目の俳優に、「賞レース目指さない」というZ世代のコント集団、東大博士課程から転身した作家や85歳のVTuberまで、いま最も旬な人たちを一挙に紹介します。

●修活で思い出を大事にする
息子がペット代わりにした「28歳」ぬいぐるみが新品同様に生まれ変わる……。「おもちゃ病院」で愛用品を修理して子から孫へ3代にわたってつないだり、阪神大震災で身代わりに壊れた茶碗を今も大事にしたりと、愛情や歴史が詰まった持ち物を修理して使えば、思い出は一層大切なものになります。修理して使う「修活」特集の好評第2弾は、忘れ得ぬ品をよみがえらせる方法をご紹介します。

●集中連載・名選手たちが明かす「忘れられない一球」
昭和のプロ野球史を彩ったレジェンドたちが当時を振り返る短期集中連載がスタート。初回は「4代目ミスタータイガース」こと掛布雅之さんにインタビューしました。現役時代は「できれば『江川』という単語さえ聞きたくなかった」という掛布さん。ライバルの江川卓さんについて、「とてつもなく怖い相手」だからこそ「自分の一番いいものを引き出してくれる」と語ります。いまだから話せる本音にご期待ください。

●意外とある「ご当地油田・ガス田」マップ
ロシアによるウクライナ侵攻でエネルギー価格が跳ね上がり、私たちの生活を苦しめています。日本でも石油や天然ガスが出たらいいのに……。いえいえ、日本にも化石燃料を「地産地消」しているところがあるんです。千葉のガス田や秋田の油田など、全国には現役で採掘している場所が存在しています。あなたの住んでいる近くにも貴重な資源が眠っているかも?

発売日/出版年度:2022年12月26日
Hanako (ハナコ) 2023年 2月号 [雑誌]
 
価格:929円(税込)
すべては、“気”のいい場所から
幸せをよぶ、開運聖地。

聖地へ。
神話と伝承の源流。
鈴木涼美、対馬[長崎]へ。

五感に響く、山の力。
河合優実、戸隠[長野]へ。

“気”を鎮める、風に触れて。
伊藤美誠、諏訪神社[新潟]へ。

パワースポットを巡って30年!
植島啓司さんの「圧倒的聖地20」。

信じるものは救われる!
私の開運聖地45。
ムーン・リーの東京パワースポット
みうらじゅんのイケメン仏像
鏡リュウジの美術館、博物館
山村紅葉の京都ラッキースポット
すがちゃん最高No.1(ぱーてぃーちゃん)のNo.1聖地
今日マチ子の「命の洗濯」場
五十嵐太郎の未来の聖地
山崎嘉子の宮崎“気のいい場所”
日高むつみの忘れられない聖地
渡辺P紀子の心も潤うおいしい絶景スポット

yuji×本島彩帆里
2023年、開運好きが
本当に通う場所。

大串ノリコの 誕生月でわかる、
2023年、人生を拓く開運おみくじ。

365日、休みなし!
開運やることカレンダー

蛙亭・イワクラ×TVディレクター・小山テリハ
推し活が人生を拓く。

なにわ男子
お正月だヨ! 全員集合

第2特集
部屋を変えると人生が開ける。
おうち
パワースポット化
計画。
今日からはじめる、浄化のテクニック。
ツキを生む、部屋の作り方。
家に送ってもらえる授与品。

子供たちに幸せ届けて47年。大人の女性に人気沸騰!
みんな大好き、ノンタン。
特別付録 ノンタンしあわせシール2023

発売日/出版年度:2022年12月20日
月刊Hanada 2023年 2月号 [雑誌]
 
価格:980円(税込)
 
発売日/出版年度:2022年12月19日
週刊現代 2022年 12/24号 [雑誌]
 
価格:550円(税込)
 
更新時間:Sat, 21 Jan 2023 17:19:00 +0900  リアルタイム  デイリーランキング 【楽天市場】ランキング市場 【総合誌】ランキング順位:第1位~をご紹介します。
★ランキング順位:第1位★
Hanako (ハナコ) 2023年 03月号 [雑誌]
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
価格:889円(税込)
楽天ブックス
★ランキング順位:第2位★
サンデー毎日 2023年 2/5号 [雑誌]
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
価格:550円(税込)
楽天ブックス
★ランキング順位:第3位★
週刊現代 2023年 1/28号 [雑誌]
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
価格:550円(税込)
楽天ブックス
★ランキング順位:第4位★
週刊朝日 2023年 1/27号 [雑誌]
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
価格:440円(税込)
楽天ブックス
★ランキング順位:第5位★
月刊Hanada 2023年 3月号 [雑誌]
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
価格:980円(税込)
楽天ブックス
テキストリンクまたは画像をクリックして価格、詳細、購入方法をご確認くださいませ。2023年1月21日(土曜日)17時の時点で販売中の商品を御紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・ポイント倍数の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

楽天ウェブサービスセンター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA